人気のミネラルファンデーション・リキッド・BBクリーム

しっかりとしたスキンケアしていますか?

2015/03/31

555お肌に良い事、まずはお顔に関して言えば、何を置いても「洗顔」が一番重要です。いくら高価な美容液やクリームを使っても、お顔に汚れが残っていたり毛穴が詰まっていては、せっかくの美容成分もお肌に浸透しません。

お顔の「汚れ」には2種類あります。

1つは皮脂や分泌される油、外部からの汚れ(ホコリや花粉)です。もう1つはファンデーションやアイシャドウやチークといった化粧品です。

それら2つの「汚れ」をしっかり落として、お肌の状態をまっさらにしてあげてから、必要な美容成分を与えてあげる事が、美しいお肌作りの何よりの近道です。

洗顔のポイントとは?

577洗顔のポイントとしては、上記2つの「汚れ」に対して有効な洗顔料を使用する事が大切です。
「W洗顔不要!」という商品もあり、これはこれで忙しい方が手軽に毎日洗顔する習慣を付ける為には良いのですが、もう一歩踏み込んで美しいお肌にしたいのであれば、やっぱり2種類の汚れに有効な洗顔料を使用する事をお勧めします。

化粧品には、お肌に密着させる為の油分が含まれています。それら油分をお肌から分離させ、浮き上がらせる為にまずは「クレンジング」を使用して、それからそれ以外の汚れを落とす為の洗顔料を使用します。

 

クレンジングにも様々な種類があります。

クリームタイプ、ジェルタイプ、リキッドタイプ、オイルタイプ。
ご自身の肌に合ったお好きな物を使用できますが、オイルタイプが一番油分を落としますので、目の周りなどのしっかりメイクを落とす場合にはオイルクレンジング、それ以外はクリームやジェルなど使い分けるのも良いです。
そして、クレンジングで化粧を落とした後は「洗顔」です。

洗顔料のタイプは?

洗顔フォームにも石鹸タイプやクリームタイプなど様々な種類があります。石鹸タイプはどちらかといえばお肌に優しいですが、クリームタイプは水と油を混ぜ合わせる働きのある界面活性剤が入っていますので、汚れを落とすには有効です。

洗顔方法のNGとは?

どちらを使用するにせよ、絶対に守らないといけない事があります。

それは「こすらない事」。

お顔の肌はとても薄くて繊細です。手でゴシゴシしてしまうと、すぐに荒れてしまい、逆に汚れの詰まるスペースを作ったり小皺に繋がってしまいます。洗顔料はよく泡立てて、たっぷりの泡でやさしくお顔をマッサージして汚れを包み込みぬるま湯で洗い流します。ここまでの洗顔ができたら完璧。

この上で大好きな化粧水や美容液を使用すれば、ぐんぐんお肌に浸透して、透明感のあるモチモチのお肌になります。